クリニック通信2005年8月号 〜

◆最先端の健康診断で「がん」の早期発見をしませんか

 当院はゆうあいクリニック(北新横浜)と連携しております。当院からPET検査の予約を優先的にお取りすることができます。

  PET(体幹部)+血液検査 → ¥98,000

  PET(体幹部)+CT(全身)+血液検査 → ¥118,000

  PET(体幹部)+CT(全身)+MR(骨盤)+総合血液検査 → ¥168,000

  脳PET+頭頚部MR+頸動脈超音波+総合血液検査 → ¥158,000

  最新のPET/CT+とにかく全てのスペシャル → ¥268,000

 なお別途、カウンセリング(総合所見の説明など)料金(¥8,400税込み)が必要です(ゆうあいクリニックでのカウンセリングを希望される場合は事前予約が必要で、カウンセリング料金は¥15,750〜¥21,000(税込み)となっています。)

◆がん予防指針8項目(国立がんセンター指針)

 たばこを吸う人は禁煙。吸わない人も、他人のたばこの煙を可能な限り避けること。

 適度な飲酒。日本酒1合、ビール大瓶1本以内。

 野菜・果物を少なくとも1日400g取るようにしよう。

 塩分の摂取は最小限に。食塩として1日10g未満を。塩辛などの高塩分食品は週1以内。

 定期的な運動の継続。毎日1時間の歩行、週1回は汗をかく運動を。

 体重を維持。BMI値で27を超さない、20を下回らない。

 熱い飲食物は最小限に。

 肝炎ウィルスチェック、早急な治療あるいは感染予防に留意。

◆ひょっとして甲状腺機能低下症?下記のうち、4つ以上当てはまる人はご相談ください。

 倦怠感・皮膚の乾燥・顔や全身のむくみ・寒がり(冷え性)

 声がれ・ねむけ・便秘・体重増加・発汗減少・甲状腺腫大

 脱毛・脈が遅い・物忘れ・肩こり・舌の肥大

◆「食物依存性運動誘発アナフィラキシー」とは

 特定の食物を摂取した後に運動してアレルギー反応が起きる症状です。

 小中高生1万人に1人の頻度で発症。

 運動によって小腸などの消化管が刺激され、アレルギー原因物質の吸収量が増加し、症状が起きるとされています。

 小麦製品、甲殻類(エビ、カニ)が原因であることが多い。

 サッカーなど運動量が大きいほど発生頻度が高いと言われています。

 重篤な症状(死ぬことも)を生じることもあります。ご留意ください。

◆最近のニュースから

日本人の2004年の平均寿命は女性が85.59歳、男性が78.64歳と男女とも5年連続で延び、過去最高を更新

 「がん」「心疾患」「脳血管疾患」の3大死因を克服できれば、平均寿命は男性で8.74年、女性で7.94年、それぞれ延びるとの由。

 そうすると、平均寿命は男性が87.38歳、女性が93.53歳になる計算也!

 今後アンチエイジング医学が進歩すると、平均寿命100歳も夢ではなくなりましたね!そうなると120歳を越える“仙人”も珍しくなくなる??

「職場高血圧」という言葉をご存じ?

 これは、東京都老人医療センターの桑島巌副院長の提唱している概念ですが、普段の血圧は普通なのに、仕事中の血圧が上昇する人のことをいいます。ストレスのない仕事をしたいものですね!楽しくて楽しくてしかたのない仕事って何だろう!?皆さんは楽しく仕事をされていますか?

国内の味覚障害患者は推定約24万人で、13年前の1.8倍に増加

 味覚障害は、降圧利尿薬など薬剤性によるものが多いほか、糖尿病や腎不全などで体内の亜鉛が排出されたり吸収が悪かったりする場合もあります。お年寄りに多く、大幅に増えたのは高齢化が進んだ影響が大きいとみられます。血液検査で亜鉛値が低ければ、診断は容易ですが、なかにはまだ数値の変化として現れていないこともあり、疑いの強い場合には亜鉛の入ったお薬を飲んだほうがよい場合もあります。

大腿骨頸部(だいたいこつけいぶ)骨折では患者の約9%が手術などの治療を受けてから1年以内に死亡

 患者は女性が多く、男性の3.7倍。50代前半の閉経を期に急激に増えており、骨粗鬆症の影響が大きいと考えられます。骨折の原因ですが、転倒が全体の4分の3を占め、中にはおむつ交換しただけで折れた「おむつ骨折」も報告されていますから、今の内に骨を元気にしておきましょう。そのためには、無理なダイエットは禁物です。女性の場合は皮下脂肪も大事な役割を担っています。過度に毛嫌いするのも考えものでしょう。バランスのよい食事(十分なタンパク質やカルシウムを含んだ)と適度な運動が必要です。

野菜や果物ジュースをよく飲む人はアルツハイマー病にかかりにくい(かも)

 ポリフェノールや葉酸などの抗酸化物質が効いている可能性。

戻る