クリニック通信2004年2月号 〜

 A型インフルエンザが流行中です。予防接種を受けていても油断大敵!インフルエンザ罹患者と濃厚な接触があると、発症することがあります。それから受診初日の症状だけからはインフルエンザとは考えにくい人、あるいはインフルエンザかなっと思って検査してみても陰性だった人(インフルエンザウィルスの量が一定以上ないと、検査では陰性となってしまいます)・・・、インフルエンザがやっぱり疑わしいようなら、翌日もう一度ご相談ください。
 これからB型インフルエンザも加わってきます。運が悪ければ、少なくとも同シーズンに2回(A型2種類流行れば、3回か!?)かかることもありますので、十分な睡眠や規則正しい生活、自宅や職場の適度な加湿、それから手洗い・うがい・マスク着用の励行など心がけてのりきってください。
 新型(鳥)インフルエンザ、新型肺炎(SARS)、狂牛病、そしてイラク・・・、海外旅行者あるいは出張する方々は、引き続き注意しておきましょう。

 スギ花粉は2月中旬の開花予報です。冷夏の影響で飛散量は激減の予想ですが、油断大敵!早め早めの対処をご検討ください。

☆下痢が続くときの食べ物について☆
 感冒性胃腸炎(嘔吐下痢症)の流行期です。嘔吐に関しては、止まるまで飲食を制限するしかありませんね。では下痢はどうでしょう。食欲が出てくるとついつい食べて(食べさせて)しまいますが、何を食べたり飲んだりしてもよいかというと、そうもいきません。以下の内容をご確認いただき、脱水を起こさないよう、うまく乗り切ってくださいね!

★乳児の下痢対策★
 下痢がひどいときは、授乳を短時間に切り上げて、回数を多くするようにしましょう。
 良くなってきたなら、いつもどおり欲しがるだけ飲ませてもかまいません。
 ミルクの場合は、乳糖を含んでいないものがベストです。少量ずつ、回数を多く、が基本です。

★乳児以外の下痢対策について★
・水分を十分に補いましょう!
 水分補給が一番大切です。水分を多く飲むから水っぽい下痢便となるのではありません。下痢で水分が失われるので、水分を飲ませる必要があります。
 栄養のことはこの際あまり気にしないで、食欲がないときに無理に食べさせる必要はありません。食欲があっても、むしろ控えめにして、胃腸を休ませてあげましょう。

・何を食べるかは、便と相談しましょう!
 便が水のようなときは、水分を中心に(イオン水、野菜スープ、みそ汁、おもゆ、リンゴのすりおろし、など)
 便がドロドロならドロドロの食べ物を(豆腐、パン粥、ベビーせんべい、バナナの裏ごし、人参やカボチャの煮つぶし、など)
 便が軟らかい程度なら、軟らかい食べ物を(お粥、うどん、トリのささ身、野菜の煮付け、白身魚の煮付け、卵、など)

☆川崎病って、どんな病気だろう?☆
 高熱が数日間続き、機嫌が悪くなります。熱が出始めてから日を追うごとに、下記のような症状が出ます。
  からだに発疹が出ます。
  目が赤く充血します。
  唇が真っ赤になって、ひび割れることがあります。
  舌がイチゴのようになります。
  首のリンパ節が腫れているかもしれません。
  BCGの痕が赤く腫れているかもしれません。
  手と足の指がソーセージのようにパンパンに腫れます。

 冠状動脈という心臓を養っている血管に異常を生じることがある『川崎病』の治療には、入院してγグロブリンを点滴する必要があります。最初の診察ではわからないことが多い病気ですので、異常に気づいたらすぐに受診しましょう。

☆『ぼけになりやすい人、なりにくい人』大友英一著より☆
 1990年=99万人、1995年=123万人、2000年=150万人、そして2020年には270万人のボケ老人が・・・!
 21世紀は『痴呆の時代』といわれています。 

 あなたは大丈夫?これから大友先生式の『ボケ予測テスト』をしてみましょう。

 (1)同じ話を無意識に繰り返す
 (2)知っている人の名前が思い出せない
 (3)物のしまい場所を忘れる
 (4)漢字を忘れる
 (5)今、しようとしていることを忘れる
 (6)器具の説明書を読むのを面倒がる
 (7)理由もないのに気がふさぐ
 (8)身だしなみに無関心である
 (9)外出をおっくうがる
 (10)物(財布など)が見当たらないことを他人のせいにする

 いかがでしたか、ちなみに私は(2)(4)(5)(10)の4つがばっちりあてはまっていました。トホホ。
 
 ぼけにくい人の特徴には以下のような特徴があるそうです。皆さんはどうですか?

 ・社交的で融通がきき、いつもほがらかで明るい人
 ・他の人の心を思いやり、周囲に細かい気配りの出来る人
 ・なんでもおっくうがらずに、こまめに体を動かす人
 ・積極的で、いつも新しいことにチャレンジしようとする好奇心と意欲のある人
 ・仕事や子育て以外に趣味や生きがいを持っている、積極的人生エンジョイ型の人
 ・常に夢を持ってその実現をめざす人
 ・おおらかに大声で笑ったり、カラオケなどでストレスを発散しやすい人
 ・スタイルやファッションに気を使う人
 ・おしゃべり上手で、友だち付き合いの多い人
 ・異性への関心を失わない人
 ・テキパキ主婦で、出たがり好きの主婦
 ・ボランティア活動などにも進んで参加するような人
 ・機知に富んだユーモア感覚のある人
 ・多少は見えをはる人、負けず嫌いの人
 ・頭の切り換えがうまく、よく学びよく遊ぶ人

最後に下記の『ぼけ予防10ヵ条』を参考に日常生活の見直しを図りましょう。
そして将来お互い“スーパー元気老人”になろうではありませんか!

(1)塩分と動物性脂肪を控えたバランスのよい食事を
(2)適度に運動を行い、足腰を丈夫に
(3)深酒とタバコはやめて規則正しい生活を
(4)生活習慣病の予防・早期発見&治療を
(5)転倒にきをつけよう、頭の打撲はボケを招く
(6)興味と好奇心
(7)考えをまとめて表現する習慣を
(8)細やかな気配りをしたよい付き合いを
(9)いつも若々しくおしゃれ心を忘れずに
(10)くよくよしないで明るい気分で生活を

戻る