クリニック通信2月号〜

その1;花粉症について
 いよいよスギ花粉症の季節がやってきました。今年は平年よりやや早め、2月早々から症状が出ると予想されております。全国的には去年以下、平年並の花粉飛散量との予報ですが、関東に限れば昨年と同等と考えられております。我がクリニックにも、早い人はお正月早々から鼻炎症状があり、花粉の到来を察知して、抗アレルギー薬を内服されております。1月下旬には多数の方々が予防的抗アレルギー薬の内服を始められました。
 抗アレルギー薬の花粉飛散2週間前からの予防的内服が世間一般的に推奨されておりますので、なるべく早期受診・早期内服を始めるのがよろしいでしょう。
 また、くしゃみ・鼻水タイプには漢方薬の小青竜湯(ショウセイリュウトウ)がよく効きます。ご相談いただければ、抗アレルギー薬との併用あるいは単独治療をアドバイスします。
 さらに鼻閉(鼻づまり)タイプの方には、「バイナス」あるいは「オノン」という内服薬とステロイド点鼻薬、そして極く短期的には血管収縮性点鼻薬の併用をお勧めします。また、葛根湯加川きゅう辛夷(カッコントウカセンキュウシンイ)という漢方薬も効果があると思います。
 さあ、これから5月GWまでスギとヒノキのアレルギーが続きます。早めの対応で苦しまずにこの時期をのりきりましょう!

その2:「正常な異常」って言葉をご存知ですか!?
 なんだか人をバカにしたような言葉ではありますが、実はたいへん重要な内容を含んでいます。
 例えば、「発熱」です。風邪で熱を出すと節々が痛くてだるくてつらいものですが、この「異常」な状態は生体防御反応としてきわめて重要な「症状」でして、身体に侵入してきた外敵(ウィルスや細菌など)が熱に弱いことを身体が知っているので、一刻も早く敵をやっつけよう・追い出そうとするために自分の身体がわざと熱を作り出すのです。したがって、解熱剤を使ってわざわざ「熱」を下げるのは、奮闘中の我が防衛軍を一時退却させることと同じであり、あまり得策とはいえません!乳幼児の場合には発熱に伴い脱水しやすいので、それさえ気をつければ、たとえ40℃でも驚くことはないのです。
 よく高熱で脳がやられるのでは?と質問を受けますが、熱で脳の組織が壊されるのではなく、外敵が脳に侵入したために組織が破壊されて「脳炎・脳症」を起こしてしまうのです。以前乳幼児のインフルエンザ脳症が話題になりましたが、あれは安易な解熱剤の使用が誘因となることが指摘されました(外敵の侵入を援護する?)。
 またケガをしたときの「痛み」も、患部に負担をかけないための防御反応といえます。
 「正常な異常:normal abnormality」=異常ではあるが疾病を治すための健康な反応=すなわち正常、という理論をご理解いただけたでしょうか!?

その3:「マイナスイオン」について
 1月27日午後9時、フジテレビの"あるある大辞典”という番組で「マイナスイオン」が特集されておりました。ご覧になった方も多いと思いますが、たいへん興味深い内容でした。
 マイナスイオンは「空気のビタミン」ともいわれ、「澄みきった青空の下」や「河川の深流にある滝の周辺」や「森の中」などに多く存在します。「活性酸素」という言葉もよく耳にするようになりましたが、現代社会のさまざまなストレスや環境汚染により、我々の身体に悪さをするこの「活性酸素」にイオンが「マイナス電子」をプレゼントすることにより中性化して、血液を正常な「弱アルカリ性」に戻してくれます。そうすると身体の新陳代謝を活発にして、抵抗力・免疫力を増し、さらに自律神経を改善したりβエンドルフィンという脳内物質(幸せ感)の活性化により精神安定作用などが期待されるのです。他にもいろいろよい作用が期待され実際に応用されているようです。いろいろグッズも出てきておりますが、性能評価などはまだまだこれからだと思います。とりあえず備長炭でも身の回りに置いておこうかなと考えておりますが・・・!

その4:「ライフストラテジー」という本を読んで
 最近「ライフストラテジー」という本を読みました。人生に成功するための要素は何であるか?筆者の考えをまとめると以下の10項目となります。
(1)ビジョン:自分が何を望んでいるのかはっきりさせよう
(2)戦略;展望を持ち、期限を決めよう。また成功までのイメージを湧かせよう
(3)情熱;プラス思考で前向きに楽しみましょう
(4)真実;事実をありのままに受け入れよう
(5)柔軟性;情報力を活かし、軌道修正する柔軟力を養おう
(6)リスク;挑戦する気持ちが重要です
(7)人の輪;ギブ&テイクの心が次の発展を生みます
(8)行動;有意義で目的に沿った方向性のある行動をとろう
(9)優先順位;最も重要な事に全力を傾けよう
(10)自己管理;自分を大事にしよう(肉体的・精神的・感情的に)
 興味のある方は、ご一読ください。クリニック待合室に置いてあります(貸し出しも可能)。   戻る   top page