☆あなたも動脈硬化をチェックしませんか?

当院では、フォルムPWV/ABIの検査が可能です。

PWV(脈波伝達速度)=両センサ間の距離÷拍動の到達所要時間
 PWV は心臓の拍動が動脈を通じて、手や足に届くまでの速度です
 PWV は動脈の硬さをあらわします
 PWV > 13.5 m/s だと動脈硬化が疑われます

 動脈の壁が硬くなったり厚くなったりしていると動脈壁の弾性度が低下し、拍動(脈波)が伝わる速度が速くなります。そこで動脈の4ヶ所にセンサをとりつけ、センサ間の距離と拍動の到達所要時間を計測し、距離を時間で割れば脈波伝播速度が得られます

ABI(足関節上腕血圧比)=足首最高血圧÷上腕最高血圧
 ABIは足首と上腕の血圧の比です
 ABI < 0.9 だと動脈の狭窄または閉塞が疑われます

 寝た状態で両腕、両足首の血圧を測定すると、健常人では足首の方がやや高い値になります。ところが、大動脈に狭窄部や閉塞部があるとその部分の血圧は低下します。このような狭窄や閉塞は下肢の大動脈に発生しやすいので、下肢の血圧と上肢の血圧との比をとれば、狭窄や閉塞の程度を表すことができます。

【検査費用】健康診断の場合は、¥1,050(税込み)となります。
 すでに生活習慣病で治療中の方は、保険診療が可能な場合があります。ご相談ください。

 戻る